やはり、マイナスな印象を与えてしまうような発言は必ずおとす対象者に入れられてしまう為、自分を良く見せてアピールできるように注意しなければなりません。他の人と差をつけるためにも、自分が受ける企業の商品情報や企業方針などを詳しくしらべておくと良いですよ。面接官も面接対策マニュアル本などを読んでいるものなので、マニュアル本に載っているような解答ばかりをしてしまっては、採用してもらうのは非常に難しくなってしまいます。自分がその企業に入ったらどのようなことを行いたいのか、その企業のために自分はどんな風に働き、役立っていくことができるのかを自分なりの言葉・表現で答えられるようにしておく必要がありますよね。より具体的に、その企業に合った志望動機を述べるためにも、面接を受ける企業の情報を事前によくしらべておくことが大切なんです。100%の確率で聞かれるのが、志望動機や自分自身の長所・短所です。そこで志望動機をハッキリ伝えることが出来なかったり、自分の長所ばかりを得意げに話したりすると、マイナスの評価につながってしまうのです。面接官にいろいろと突っ込んで聞かれた時にも対処できるよう、練習しておくといいですよ。長所や短所は仲のいい友人や家族に意見を求め、その意見を面接に反映するといいかもしれませんよ。短所を述べる時でも、決して自分を卑下するような発言はしてはいけないでしょう。その仕事への熱意がどれだけの物か面接官は見ているので、はきはきした感じで自信を持ってアピールしていってくださいー